最新情報

日本流通産業新聞に「ハピネスママアルコールハンドジェル」が掲載になりました。

2020年5月28日の日本流通産業新聞に「ハピネスママアルコールハンドジェル」が掲載になりました。
「ハンドジェル販売好調 当初予想の5倍で推移」
化粧品や白髪染めなどの製造やECを手掛ける、しむらは、4月に発売した「ハピネスママアルコールハンドジェル」の売れ行きが好調だ。
販売は当初予想の5倍で推移しており、通販売上をけん引している。
天然素材を配合しており、妊婦や赤ちゃんも使用できる点が人気につながったという。
「ハピネスママアルコールハンドジェル」(100ミリリットル入り、税込価格1,320円)は、4月3日に自社通販サイトと店舗への卸売りで発売した。
現在、自社通販では約2万本を販売し、約2400万円を売り上げている。川崎社長の孫娘(1歳)が肺炎になったことを機に、優しく抗菌できるジェルとして開発。
コロナ渦により、消費者ニーズに応える形となった。「売れ行きは予想を大きく上回っている」(川崎光専務取締役)と言う。
しむらは幼稚園や介護施設など、衛生用品が品薄で困っている施設に同商品を寄付。
妊婦へのプレゼント企画も実施し、SNSで紹介される機会が増えている。
6月にはマスクに吹きかける抗菌スプレーの発売を予定している。

PAGETOP